まだら呆けと言われても、遺言をのこしたい

まだら呆けと言われても、私は遺言をのこしたい

 

お答え

大丈夫です。
やり方によっては、法律的に、有効な遺言書をつくることが、できます。

成年後見人がつけられてしまったのに、遺言ができるの

まず、行為能力と遺言能力とは違います。

その前に意思能力について、ご説明しますね。

 

意思能力

自分が何をやっているのかわかっていて、自分のやったことの結果を理解する能力、とされています。
たとえば、泥酔状態とか、いわゆる痴呆状態の人は意思能力がありません。
その人のした行為は無効です。(民法3条の2)

なので、まだら呆けの方は、ボケ状態のときには
有効に遺言をすることはできません。
遺言をしたとしても、無効です

行為能力

意思能力の有無は、外からははっきりわからないことも多いです。
そうした意思能力のない人、または充分ではない人は、詐欺にあったり、搾取されたり、自分の権利を自分で守ることができません。
また、それらの人と取引する人が、それと知らずに思わぬ損害を被ることもあります。

なので、法律で、一定の人を無能力者として、その人のした行為は原則、
取り消すことができる、とされています

具体的には、

  • 成年被後見人、
  • 被保佐人、
  • 被補助人、
  • 未成年者
    です。(被保佐人、被補助人が同意を得てした行為は、取り消しできないこともあります)

    遺言能力

 

しかし、もしも、上記の審判がされて成年後見人が選ばれていたとしても、
遺言者がそのとき正常な判断力がある状態(意思能力を回復した状態)と
証明ができさえすれば、
遺言することは可能です。

その際は意思能力で足り、行為能力は不要です。(民法962条・963条)

では、自分で勝手に遺言を書いても有効なの?

 

が、「意識が正常に戻ったので、さあ遺言を書きましょう」
と一人で書くのは、お待ち下さい。それでは、駄目です。

遺言作成時に意思能力があって、
それを証明してくれる医師2人以上が立会ってくれれば、
遺言が出来るとされているのですね。

 


「遺言する際に事理弁識能力を欠く状態になかったこと」をこの立ち会った医師らが遺言書に付記して、署名捺印などして、正式な遺言とすることができる。
(民法973条)


 

因みにこのような場合に、後見人が本人に代わって遺言をなすことはできません。

また、被後見人の遺言の制限が法定されています。

後見人または、その配偶者などに利益となる遺言をしたときは、
その遺言は無効です。
(ただし、後見人が、直系血族、配偶者または、兄弟姉妹であるときを除く
民法966条)

 

 

 

 

 

 

片岡 えり子

千葉県茂原市の司法書士・行政書士です。お客様の、本音のニーズに応えられるような仕事を展開したいと思っています。 ご実家の土地の相続登記が終わってない、ローンを完済しているのにその登記を行っていない、昔、親が買った隣の土地の名義を変えてない、という状況の方は、お気軽にご相談ください。司法書士経験20年超のプロが、問題を解決いたします。お問い合わせは全国対応の片岡えり子事務所までどうぞ。女性スタッフによる丁寧な説明ときめ細やかな対応に定評があります。