登記って、何ですか?

登記って何?

 

司法書士として開業して、はや、23年が経過しました
「若輩者ですが・・・」という枕詞が
ギャグにしか受けとめてもらえなくなった現在です。

 

で、その百戦錬磨のツワモノ(?)のワタクシにして
未だに上手に答えられないのが、

 

登記って何ですか?

 

(さすがに、裁判って何?とは聞かれたことがありませんが)

 

この質問がされるのが怖さに、初対面の人に職業を明らかにしないことがままあります。
せめて弁護士とか、行政書士であれば、それなりのイメージをもってくれているようなのですが、
司法書士というと「?」という顔をされることが多く、
「登記手続きを代理する人」などと答えようものなら、必ずといっていいほど、

 

  • それは どういう?
  • へ?冬?(それは冬季)
  • とうき?
  • 登記って何ですか?
  • 焼き物?(これは陶器)

というようなリアクションをいただきます。ま、説明が拙すぎるのですが。

 

 

戸籍をご存知の方には、

「人間に戸籍があるように、土地や建物にも登記、という戸籍のようなものがあるのです。」

このようにご説明します。(わかりやすいですね)

 

あと、きちんと伝わった感があるのは、実際に司法書士、登記に関わったことがある人たちでしょうか。

 

  • 相続の登記をしてもらった
  • 売買と担保設定の登記をした
  • ローンを返し終わったので、その抹消の登記を自分でしてみた

など。

 

このような経験をお持ちの方は、すでにイメージをお持ちなので、非常にらくです。

 

登記手続きをするのが、司法書士

 

さて、司法書士は、お客さまに代わって、登記の手続きの代理をします。

 

登記手続き、とは、(不動産登記の場合です。他の種類の登記もあります)

 

  • 国(法務省)のコンピュータの中に
  • 不動産(土地とか建物とか)の権利(買った、差し押さえられた、借金をした、仮処分をされた)に関する移り変わりを
  • 一般に知らせるために
  • 登録することです。

 

ちなみに今は、すべてコンピュータにより、電磁的記録となっていますが、
イメージとしては、分厚いバインダー式の帳簿をご想像下さい。

わずか10年少し前まで、実際にそのような帳簿式のものに
ダイレクトにペンで書き入れていたのですよ。すごいですよね。

 

登記記録に書かれていること

 

で、登記記録ですが、例えば、

 

千葉県茂原市上林字事務所184番

の登記記録を見ると、次のような感じです

 

○ 300・00平方メートル 宅地

○ 所有者の住所 茂原市高師町1丁目 A

○ 所有権を取得した原因(昭和62年5月31日売買)

 

こんなふうに書かれています。

 

さて、今日、Bさんがこの土地を買ったとします。

 

売買契約書を交わして、お金を支払って、領収書をもらい、「私が新しい所有者!」と主張します。

しかし、これだけでは、いまいち、弱いです。

ものすごく弱いです。

 

土地を買ったのは、私だが!

 

「私が所有者!」と主張できるのは、Aさんに対してだけです。

世の中の誰に対しても主張するためには、登記が必要となります。

 

でも、

 

「お互いが納得してるから、このままで大丈夫。」

「お金もかかるし、面倒みたいだし」

「登記はまたいつか。必要があれば」

 

このように、おっしゃる方がいます。

 

ある意味、登記は無駄である

 

何事もなければ、このままでも大丈夫かも知れません。

でも、何もないと思っていても、何かあるのが世の中ではないでしょうか。

そしてそれは、忘れた頃にやってきます。

そのようなときに、

トラブルから

自分を、相手を、自分の家族を、

守るのが登記手続きです。

 

ところが、必要になってからでは手続き不能

 

そして必要になったときでは遅いのが、登記、だったりするのですね。

 

例えば、登記してあれば何も問題なかったのに、

登記をするべき人が死んでしまって今更登記ができない、

登記をするべき人がボケてしまって登記ができない、など。

 

なお、登記するべき人が亡くなってしまったときは、
その相続人全員が協力してくれれば登記はできます。
あくまで、全員が協力してくれさえすれば。

全員が。協力。です。

 

登記することの本当の意味とは

 

登記は第三者対抗要件と位置づけられています(民法177条)

 

これは、説明すると大変ですが、要するに

登記はしないと駄目!あとで、困るよ!

ということです。

 

そこで、司法書士が、当事者の方たちに代わって、

 

  • 国(法務局)に対して、
  • こんな風な事情で所有権が移転したので、
  • そのように登録を変更して下さい。

という内容の登記申請を行い、それに基づいて登記がされる、という具合です。

 

いかがでしょうか。

登記が必要になるタイミングは、

 

  • 自宅を末の娘に贈与したとき。
  • 家を建てたとき。
  • 相続が発生して、不動産の名義を亡き夫から妻に変えたいとき。
  • お金を借りたので、その担保として不動産を抵当に入れたとき。
  • 銀行ローンを返済したので、その担保を抹消したいとき。
  • その他いろいろ。。。。

 

権利が動いたら、速やかに(必要になる前に、ですね!)

登記をしましょう。

愛するものを守るために。

 

片岡 えり子

千葉県茂原市の司法書士・行政書士です。お客様の、本音のニーズに応えられるような仕事を展開したいと思っています。 ご実家の土地の相続登記が終わってない、ローンを完済しているのにその登記を行っていない、昔、親が買った隣の土地の名義を変えてない、という状況の方は、お気軽にご相談ください。司法書士経験20年超のプロが、問題を解決いたします。お問い合わせは全国対応の片岡えり子事務所までどうぞ。女性スタッフによる丁寧な説明ときめ細やかな対応に定評があります。